『なぜ痛い』生理痛ってどういうメカニズムで起こるものなの?


生理痛に悩んでいる女性はとても多いです。毎月痛み止めが欠かせないという人もいるのではないでしょうか?
そんな毎月やって来る生理。なぜ生理の時に痛みが発生するのか身体のメカニズムを見ていきましょう。

生理痛の原因は分泌されるホルモンにあります

生理の時には「プロスタグランジン」と言うホルモンが分泌されるのです。
このプロスタグランジンは子宮を収縮させて、子宮内膜を血液にし生理として押し出す働きがあります。このホルモンの分泌が多いと陣痛に似た下腹部痛、腰痛などを引き起こします。
プロスタグランジンには血管を収縮させる作用もあるので頭痛・吐き気など生理の時に出てくる不快な症状の原因にもなるのです。
また若い世代の人は子宮口が狭いので、経血が排出されにくく、そのため強い痛みを感じやすくなる事があります。出産を経験した女性は子宮口が広くなるため、出産後に生理痛が軽くなる人もいます。

生理痛を軽減させるには身体を冷やさない事、ストレスをためない事

身体が冷えると血流が悪くなり痛みが出やすくなります。
生理の時はもちろんですが、普段の生活でも冷たい物の飲みすぎや冷房での冷やしすぎに注意しましょう。
毎日湯船に浸かったり軽く運動したり身体が冷えない習慣を身に付けるのをオススメします。
またストレスをためると自律神経のバランスが崩れ血行が悪くなる原因になります。
なるべく無理をせず、特に生理前や生理中はゆったりとした気持ちで自分をいたわる事も大切です。

毎月ひどい生理痛の場合は…

そして注意をしたいのが毎月ひどい痛みが起こる人です。
ひどい痛みや症状がある事を「月経困難症」とも言います。多少の生理痛は誰にもありますが、薬を飲んでも効かなかったり立ち上がれないほどの痛みを訴える人もいます。
日常生活に支障をきたすほどの痛みは何か病気が隠れている事があるかもしれません。
子宮筋腫や子宮内膜症など生理に関わってくる病気は数多くあります。
もしおかしいと思ったらきちんと婦人科で相談してください。低用量ピルの服用で様子を見るというケースが多いかもしれません。
低用量ピルおすすめサイト
トリキュラー通販!トリキュラー代を大幅に節約するならココ
マーベロン通販〜マーベロン代が節約出来る人気の通販サイトはどこ?〜

 

また生理前に腹痛などの痛みがある人は「月経前症候群」と言い、これは黄体ホルモンの分泌による物です。

 

このように生理の痛みはホルモンのメカニズムによって引き起こされるのです。
女性と生理は切っても切れない関係なので、毎月少しでも快適に過ごしたいものですね。
なぜ痛みが起こるのか身体の事をきちんと理解する事も大切です。痛みに振り回されないように日常生活に気を付けて過ごしてみてください。